脂肪冷却の危険性&副作用&効果

ラ・パルレの脂肪冷却コース詳細はこちら

 

ピンポイントでウエスト痩せしたい、ダイエットは面倒だけどポッコリ下腹だけ何とかできれば。
こんなわがままな望みをかなえてくれる最新の部分痩身術が脂肪冷却です。

 

脂肪冷却を受けてみたいけど、失敗はないの?副作用は?そもそも効果はあるの?
そんな疑問にお答えします。

 

失敗?脂肪冷却効果なし!?こんな人は受けてはいけない!

まず、実際に脂肪冷却の施術を受けた人たちの評判を見てみましょう。
喜びの声が多くを占める中、こんな辛口の批評も散見されました。

まずは効果を感じなかったという口コミから。

  • 1ヶ月経つけど全然細くなってない
  • 痩せたという実感がない、体重もまったく減ってない

これらは失敗というよりも、そもそも目的と方法が合っていない残念な例です。

 

 

脂肪冷却は皮膚の内側にある脂肪細胞を破壊して自然に排除するという技術です。
脂肪を物理的に好きなだけ取り去る脂肪吸引などとは違い、
脂肪冷却の効果は3ヶ月ほどかけて少しづつ出てきます。
気付かないうちに施術した部分が少しづつスッキリしてくる、ボディラインが変わる。
これが脂肪冷却の目指す痩身効果です。

 

脂肪冷却の誤解の一つに、体重が落ちないというものがあります。
脂肪は元々非常に軽く、体重のほとんどは水分の重量で決まります。
脂肪冷却で脂肪細胞を減らしたとしても、それだけで体重が激減することはあり得ません。
体重を減らすなら、有酸素運動や食事制限を取り入れたダイエットの方がはるかに有効です。

 

ごくわずかですが、失敗どころか治療に時間がかかる後遺症が出たという声もありました。

  • 施術後に肌が黒ずんでしまった。その上脂肪冷却をしたところがへこんでしまい戻らない

 

これは恐ろしいですね。
メスを入れない脂肪冷却は本来跡が残るような副作用や後遺症はありません。
この口コミに類似のものを探してみましたが、ほかに見つけることはできませんでした。

 

 

吸引して低温にさらされるので皮膚の赤みやかるい内出血は当然考えられますが、
特に施術部位がへこむというのは通常考えられないことです。

 

このような副作用の原因として考えられることとしては、施術を受けたエステサロンが
中国などから導入した安全性の低い機器を使っていた場合です。
加えて技術力が高くないスタッフが、脂肪冷却技術や装置の特性を理解しないまま施術を行った可能性もあるでしょう。

 

正規の機器を使ってこのような副作用が起こればそれは医療事故ですから、
きちんとした技術を持つクリニックやサロンでは起こりえないことと考えて良いでしょう。

 

【脂肪冷却の原理】きちんと把握して臨もう!脂肪冷却の基礎知識

 

脂肪冷却術は、2008年にハーバード大学の研究から産まれた新しい医療技術です。
元々は、高度肥満者の膝の負担を軽くするための治療法として開発されました。
メスを入れない痩身術として定着し、ヨーロッパやアメリカで300万件以上の成功例を誇ります。

 

脂肪は低温に弱く、水よりも高い温度で凝固・凍結を始めることで知られています。
冷めたスープの上に白く脂が固まっているのを見たことはありませんか?
そう。液体が固まらない温度でも、脂肪だけが分離して固化する目に見える例があの白い脂です。

 

この脂肪の性質を利用して、ほかの組織や血液に影響を与えずに脂肪だけを凍らせてしまえないか。
それが脂肪冷却の原理の出発点となりました。

 

とはいっても、人間の体を丸ごと0℃近くの低温に長時間さらすのは危険です。
まして皮下脂肪は皮膚のバリアに守られていますから、
体表を低温にしても脂肪だけを冷やすことは不可能です。

 

 

そこでターゲットとなる部分を皮膚ごと装置の中に吸い込み、
装置の内側だけを脂肪が凍る温度にしてしまおうと考えました。

 

元々の脂肪冷却技術では、はがき大ほどの部分を
皮膚ごと特殊なカップ型アプリケーターに吸い込んで施術をします。

 

カップの内側は精密に温度管理され、脂肪が凍る4℃にセットされています。
皮膚や血液、細胞には全く影響がありませんが、皮下脂肪だけは凍結してシャーベット状になります。
最も効率よく、安全確実に効果を上げるために作り上げられた形なのです。

 

【装置】脂肪だけを凍らせる装置ってどんなもの?

医療機器

最初に脂肪冷却を提唱したハーバード大の技術を使った医療機器は、
「ゼルティック(クールスカルプティング)」という名称で販売されています。

 

性能に信頼がおけるとして、アメリカの米国食品医療品局(FDA)の認可を受けている高価な機器です。
冷却時に脂肪細胞以外に影響が及ぶ可能性が出れば自動的に動作を停止するようにプログラムされており、安全性もバッチリ。

 

ただ、ゼルティックにも弱点はあります。
医療機器としての承認を受けているがために、医療機関でなければ使うことができないのです。
専門の教育を受けることが条件となっており、そのため一回の施術が10万円以上と非常に高額になることも気軽に利用しにくい理由になっています。

 

エステ用

 

これに対し、医療機関ではない一般のサロンでも利用できる機器として、いくつかの製品が現れました。
その代表格が「CRY-O(クリオ)」で、スペインのメーカーが販売しています。
カップ式のアプリケーターを使うゼルティックと違い、平面のパットを使って皮膚の表面から脂肪を冷却します。
一度に複数の部位の処理ができるため人気がありますが、カップ式と比べると効果がやや落ちるのが欠点です。

 

サロンで使えるカップ式の冷却装置もあります。
クライオ」「Dr.クライオ」などの名称で呼ばれるもので、基本的な性能はゼルティックとさほど変わりません。
そもそも脂肪冷却自体は非常に単純な技術なので、機器を作ることだけなら難しくないのです。

 

中には30万円程度でネット購入できるものまで現れていますが、
効果や安全性を考えるとあまりお勧めできるものではないでしょう。

 

クライオなどの信頼性の高い機器は数百万円と高額で、これを使用しているサロンは多くありません。
脂肪冷却を受けるなら、技術力が高いことはもちろんですが、
信頼性のおける機器を使っていることも大きなポイントです。

 

【効果】結局、脂肪冷却では何ができるの?どう変われるの?

最初の失敗例で挙げたとおり、ダイエットの目標と方法を間違うとガッカリする結果になってしまいますね。

 

改めて強調しますが、脂肪冷却は

  • ポイント痩せ
  • 皮下脂肪減少
  • ボディメイク

を目的とした痩身術です。
気になるおなかやウエスト、太ももなどの皮下脂肪をピンポイントで減らすための技術です。

 

脂肪をため込むための脂肪細胞は、凍ると破壊されて死滅します。
死滅した細胞はウイルスや異物を排除する「マクロファージ」によって取り込まれて排出されます。
こうして脂肪細胞自体の数を減らし、脂肪が運ばれてきても蓄積できないようにしてしまうのが脂肪冷却の効果です。
ですから、脂肪冷却を受けた部分はリバウンドしません。
脂肪細胞が小さくなる燃焼系のダイエットと大きく違うのは、この「溜め込む細胞自体がなくなる」という点なのです。

 

その代わり、即効性はありません。
死滅した細胞がすべて除去されるまでには、長くて2〜3ヶ月かかります。

 

 

また皮下脂肪すべてを死滅させるわけではなく、その部位の脂肪細胞の20%程度を除去するにとどまります。
余分な脂肪を2割カットするわけなので、「ほっそりした」という感じの痩せ方になります。

 

元々ダイエットが必要なくらい全身に脂肪がついている人には向いていませんが、
体形的にウエストのくびれができにくかったり、太ももやお尻がたるんでしまっている状態には
高い効果を発揮します。

 

まとめ

脂肪冷却について、危険性や効果、使用する機器などの気になる点をまとめてみました。
流行の痩身術なので検討している方も多いと思いますが、
特に使用している機器やサロンの技術力によって効果が変わってくる点は要注意。

 

冷却による効果が出やすいように、あらかじめ硬くなったセルライトのもみほぐしなどをセットにしているサロンもありますから、特にお腹、お尻や太ももなどセルライトが多い部分を考えているなら、そういったサロンを選ぶのもポイントですね。

 

【脂肪冷却と脂肪吸引】その違いはどこにあるのか?『太もも痩せ』から考えてみる☆

太ももを本気で細くしたいと考えている皆さん。
運動やマッサージではなかなか効果を実感しにくい太もも痩せは、
専門家の手を借りればあっさりと実現することができます。

 

ここでは物理的に脂肪を取り去る外科療法「脂肪吸引」と、
脂肪細胞を壊して自然に痩せる「脂肪冷却」について取り上げます。

 

「脂肪冷却」と「脂肪吸引」どう違う?

簡単に言えば「内科療法」と「外科手術」の違い

一言で言えばどちらも「太ももの脂肪をため込む細胞を物理的に減らして、脂肪がつかなくなる」ことを目的とした技術です。
でも脂肪冷却と脂肪吸引では、そのアプローチがまったく異なっています。

 

脂肪吸引

脂肪吸引は、皮膚を切開して器具を挿入し、物理的に脂肪を吸い取ってしまう医療技術です。
脂肪細胞を根こそぎ取ることができるので即効性が高く、リバウンドも起こりません。


脂肪冷却

脂肪冷却は皮膚を切らずに脂肪細胞だけを破壊する最新の技術。
その方法は、なんと脂肪細胞を凍らせてしまうというものです。

 

凍った脂肪細胞は老廃物として排出されるので、自然に痩せることができますし、当然リバウンドもありません。


 

即効性はどちらが上?効果が高いのは?

 

脂肪吸引

効果で言えば、現在のところ脂肪吸引より確実な結果が出るものはないでしょう。
何せ直接脂肪を削ぎ取ってしまうのですから、施術中からガンガン痩せていきます。

 

医師が目で見ながら脂肪を除去するので、効果も非常に高くなります。
施術前にどんな太ももにしたいか仕上がりをデザインできるのは、脂肪吸引だけです。
ほとんどの場合一度の施術で完結するので、継続的にクリニックに通う必要がないのもメリットです。

 

ただし、施術中からどんどん脂肪がなくなるといっても、体形が完成するのはおよそ3ヶ月後です。
術後のケアやあざが消える期間を考えれば、最も時間がかかる方法とも言えるかもしれません。

 

脂肪冷却

脂肪冷却は即効性は高くありません。
施術後2週間目くらいからジワジワと結果が出てきます。

 

内部で破壊された脂肪細胞が血液に乗って排出されるまでに時間がかかるためで、
ヒトの持っている代謝能力以上の速度は出ないのです。

 

効果も脂肪吸引ほどは高くありません。
皮下脂肪の20%程度がなくなり、全体にほっそりするといった印象になります。

 

その代わり術後のダウンタイムはありません。
メスを入れないので、生活への支障がほとんど出ないのは大きなメリットでしょう。
体が自分で痩せる力を利用するため、目立たずに自然にスリムになることができます。

 

生活への影響や副作用はあるのでしょうか?

 

これに関しては、脂肪冷却の方が圧倒的に安全で影響も少なくて済みます。

 

脂肪吸引

脂肪吸引は外科手術です。
術部の皮膚を切って器具を挿入するため、麻酔・切開・吸引・縫合というフルセットが必要です。
切開をするので当然傷口のケアが重要になり、生活はかなり制限されます。
つらい痛みが2〜3日続き、1週間程度は鎮痛剤を飲むように指示されます。

 

術部のあざも大きな問題です。
内出血による青あざが広い範囲に現れ、完全に消えるには3週間ほどかかります。
その間は患部の圧迫を続ける必要があり、服装も制限されます。
術後のケアや通院も考えると、最低でも10日間程度休みが取れる人でないと難しいかもしれません。

 

脂肪冷却

脂肪冷却は、クリニックやサロンでの施術は長くても1〜2時間程度。
患部のケアや生活の制限もありませんし、通院も必要ありません。

 

効果を上げるための注意点はいくつかありますが、
生活そのものに影響を与えることがないのが脂肪冷却の特徴です。

 

また、脂肪吸引が医師でなければ行えないのに対して、脂肪冷却はエステサロンでも受けることができます。
価格も安く済み、気軽に受けることが人気の理由の一つです。

 

脂肪冷却と脂肪吸引、どっちがお勧め?リスクから考える

 

 

「キレイになる」ためだけなら脂肪冷却
上にも書いた通り脂肪吸引は外科手術ですから、それなりの準備や覚悟が必要です。
この後に説明する通り、副作用や失敗のダメージも非常に大きなものがあるからです。

 

脂肪冷却は限りなく医療行為に近いながらも安全な美容術ですので、
その点では比べ物にならなくらい安心で手軽です。

 

効果が出るのに時間がかかる、と言っても、
脂肪をため込む脂肪細胞そのものをなくしてしまうという目的は同じです。
一度にごっそりと吸い取るか、自然の流れを利用して少しづつ効果を出すかの違いなのです。

 

脂肪冷却は一度に20%程度の皮下脂肪しか減らせませんが、
元々脂肪の多い太ももなら見た目の違いはかなりはっきりと出ます。
繰り返して何度か施術を受けるコースもあり、まわりに気づかれることなくきれいな足を手に入れることが可能です。

 

単純に「細くなりたい」「足の形をきれいにしたい」という目的のためなら、
メスを入れる必要がない脂肪冷却の方が圧倒的にお勧めです。

 

体に負担をかけてでも、「足の形自体を完全に変えてしまいたい」という希望ならば、
脂肪吸引しか方法がないとも言えます。

 

脂肪吸引のリスクとデメリット

いずれの方法を取るとしても、まずそれぞれのデメリットを知って置く必要がありますね。
脂肪吸引のデメリットには以下のようなものがあります。

 

施術

麻酔をしてメスを入れます。
そのため施術には時間がかかり、施術後はダウンタイムが発生します。
3日間は圧迫下着の着用が必要となり、強い痛みも起こります。
術部のあざは3週間程度、かなりはっきりと醜い状態が継続します。
全身麻酔を用いる場合は入院が必要になります。

 

術後

脂肪吸引の失敗による影響は、生涯続くものがほとんどです。
実際に起きている例としてはこんなものがあります。

  1. 太ももに凸凹ができる
  2. 傷跡が汚く残る
  3. バランスが崩れてお尻が大きく見える
  4. 太ももの皮膚がたるむ
  5. 細くなったように見えない
  6. ひざなどにしびれが残る

 

 

これらの影響は、医師の力量不足によって大きく差が出ます。
ですが、仮に経験豊かなクリニックで施術を受けたとしても、回避できない副作用もあります。

 

4と5は本人の体質や取ることができる脂肪の量で決まります。
特に皮膚のたるみは多くの人が経験しており、ひざ上やお尻の下がしわになって、
老人のような足になってしまう場合もあります。

 

しびれが残るのは術中に神経が傷つくからで、治療の方法がないため一生我慢するしかありません。
このほかに感染症や化膿など、一般的な外科手術のリスクも覚悟しておく必要があるでしょう。

 

脂肪冷却のデメリット

脂肪冷却は欧米では300万件以上の実績を持っている痩身術です。
ハーバード大が開発した理論をもとにした機器を使い、エステサロンでも施術を受けることができます。

 

デメリットには以下のようなものがあります。

  1. 施術後一時的に皮膚に赤みやしびれが出る
  2. 体質によってお腹がゆるくなる場合がある
  3. 一度に施術できる面積があまり広くない

脂肪吸引に比べると、圧倒的に体の負担がないのが脂肪冷却です。

 

 

カップ型のアプリケーターに皮膚ごと皮下脂肪を吸い込んで冷却するので、広い面積をいっぺんに施術することはできません。
一度に出来るのははがき大ほどの面積なので、特に気になる脂肪層の厚い部分を選んで施術を受けます。

 

術中は雑誌を読めるほどリラックスした状態です。
人によって術部にチクチクとした痛みを感じることがありますが、時間とともに回復します。

 

このように、施術によるデメリットが圧倒的に少ないのが脂肪冷却です。
失敗によって体形がおかしくなるようなことはありませんから、
安心して気軽にトライできる点では脂肪吸引とは比べ物にならないと言えるでしょう。

 

まとめ

太もも痩せの代表的な方法について、比べてみました。

 

即効性を取るか安全性を取るかでも大きな違いがありますが、
効果の点でも全く違うアプローチである点を理解しておく必要があります。
物理的にガッツリと取り除く脂肪吸引は確かに即効性がありますがその分リスクも高く、
体の代謝を利用する脂肪冷却は安全性や自然にボディメイクができる点で有利です。

 

それぞれの違いをよく把握したうえで、あなたに必要な方法を選んでください。
一生付き合う自分の体。
満足のいくきれいな足になることを願っています。


このページの先頭へ戻る