脂肪吸引でセルライト除去できるの?できないの?効果を知りたい!

 

セルライトとは?

太もも、下腹、お尻などにできる肌の表面が凸凹した皮膚の状態をセルライトといいます。
セルライトができる原因は色々あり、糖分や脂肪、塩分の多い食事、運動不足、血行不良、ホルモンバランスの乱れ、喫煙、飲酒、生活習慣の乱れ、加齢などが考えられます。

 

セルライトは、脂肪細胞の中に老廃物や水分が溜まり大きくなった状態だと言われることが多いですが、実際には、脂肪細胞が大きくなり、脂肪細胞を分けている線維芽細胞が、圧力によりひっぱられている状態を指します。

 

セルライトは男性より女性に多く見られます。
セルライトは皮膚などの病気ではありません。

 

実際、セルライトを発生させやすい脂肪と、それ以外の脂肪を比べると、構造上の違いはないそうです。
セルライトは、一度できると、除去が難しいとされています。
セルライトについては、まだ解明されていない部分が多いです。

 

脂肪吸引とセルライト

 

脂肪吸引でセルライトを除去する効果については議論になっています。
クリニックにより、脂肪吸引でセルライトを除去できるというところと、
その効果は少ないと消極的なところが混在します。

 

ただし、セルライトを脂肪吸引により除去するのは難しいとしている場合でも、
脂肪吸引により、セルライトが出来にくい状態にはなると考えられているようです。

 

脂肪吸引は皮膚を切開し、小さな穴をあけ、特殊な吸引の管を挿入し、皮下脂肪の壁を壊し、脂肪を吸引します。
これは外科手術のひとつで、医師によりおこなわれます。
脂肪吸引手術は麻酔を必要とし、術後は痛みもあるので、痛み止めを服用し、回復にも多少時間がかかります。
また、外科手術に伴うリスクとして、出血、感染症などがあります。

 

脂肪吸引は、医師の技術レベルによって、手術に伴うリスクや結果が左右されます。
国内で、脂肪吸引による死亡例も過去にはあります。

 

特にセルライトの脂肪吸引で、セルライトだけでなく、セルライトの周囲の細胞まで大量に吸引してしまうと、大変危険な状態となります。
ですので、セルライトを脂肪吸引で除去したい場合は、何度かに分けて行う方法が取られます。
脂肪吸引手術を受ける場合には、設備の整った施設で、信頼できる医師を選ぶことが非常に大切です。

 

セルライトを増やさないために

食事を見直す

セルライトを増やさないためには、まず、食事を見直すことから始めましょう。
脂肪、糖分、塩分の多い食事を改め、栄養のバランスが取れた食事を規則正しく取ります。
夜食の習慣のある人は思い切って止めましょう。

 

基礎代謝を高める

日常生活にちょっとした運動を取り入れ、基礎代謝を高めるようにしましょう。
ストレッチやウォーキングなど、できるところから始め、習慣にするように努力します。
むくみが出ないように、水分は多めに取ります。

 

マッサージ

セルライトの脂肪細胞の周りを、リンパ液の流れをよくするため、
気持ちよく感じる程度に押してマッサージしましょう。

関連ページ

※警告!脂肪吸引の失敗例を知らないでは済まされない!
脂肪吸引は優れた技術ですが、失敗したときのリスクもあるんです。ここでは脂肪吸引の失敗例をチェックしてみましょう。
脂肪吸引のダウンタイムを知っていますか?【部位別まとめ】
脂肪吸引手術は、術後にすぐ効果が出る訳でなく、通常、ダウンタイムを過ぎてから効果があらわれます。部位別に説明します。
※警告!脂肪吸引の死亡事故を知らないでは済まされない!
脂肪吸引は外科手術ですので、当然ですが危険を伴います。その危険の程度も、後遺症に苦しむというものから、 死亡するという最悪のケースまでを含んでいます。

このページの先頭へ戻る