腸もみダイエットでくびれを作ろう!

 

腸もみとは、腸をもむことで色々なからだの不具合を解消する方法のことです。

 

大昔の中国のタオ思想をもとに生まれました。
タオ思想というのは、「人間は自然の一部としてありのまま、自然のまま生きなさい」という教えです。
それが時とともに変化して日本にやってきた技術が腸もみです。

 

かつては、修行僧たちがお互いの体調を管理しあう手立てとして、門外不出の秘儀とされていました。
日本にも少し前までは、お腹をやたらに触ってはいけないという風潮が根強くありました。

 

それと同時に腸に関しても「単なる不要なものを排泄する器官」としか捉えられてきませんでした。
しかし最近の研究により、腸は美容と健康、心とからだを美しく保つ重要な役割をもっていることが分かってきたのです。

 

腸もみダイエットを実践してみよう

やりかたはとても簡単です。

まず、力をぬいた状態で左右の4本の指をおへその右ななめ下に置きます。
そこからおへそを中心に「の」の字を書くように、ゆっくりと息を吐きながらお腹を押していきます。

これだけです。簡単でしょう?
これなら三日坊主にならずに毎日続けられそうですね。
1回の腸もみで効果を実感される方も多いです。
便秘や下痢、肩こりや冷え性、そしてくびれにも効果ばつぐんです!

 

どうして腸もみでくびれができるの?

便秘の改善

その理由のひとつは、便秘が治りぽっこりお腹から解放されるからです。
そもそも便秘がおこるのはホルモンバランスの乱れが原因。
腸をもむことで女性ホルモンが整い、女性らしく美しいウエストのくびれが戻るのです。

 

水分代謝が促される

さらに、腸をもむと小腸の裏側にある無数のリンパ節が刺激されますから、
お腹の水分代謝がうながされてむくみが取れます。

 

基礎代謝がアップ

また、基礎代謝も上がります。
基礎代謝とは、じっとしていても生命活動を維持するためにからだが自動的に行っている活動のことです。

 

一般的に、成人女性の場合で1日1200キロカロリー、
成人男性の場合で1日1500キロカロリーと言われています。

 

それでも年を経るごとに代謝量は下がっていきます。
そこで腸もみの出番。
腸をもむとからだ全体の体温が上がり、エネルギーの燃焼がうながされるのです。
すると自然にくびれができて、からだも軽くなります。

 

腸もみダイエットが作るのはくびれだけではない

腸をもんでいると、からだがじんわりと温まってきます。
それはからだ全体がリラックスしてきたサインです。
多忙な毎日の中でうまれるストレスやイライラが、少しずつ消えていくのを実感できるでしょう。

 

このように、腸もみダイエットはくびれを作ることはもちろん、心の安定までもたらしてくれるのです。
こんな風に、様々な場面で高い効果を発揮する腸もみダイエット。
いつでも簡単にできて即効性もあります。ぜひトライしてみてください!

関連ページ

太る原因は低体温にあった!【原因と改善策】
体温が1度下がると12パーセントも基礎代謝が低下するという事実をご存知ですか?低体温と太りやすさに深い関係があることに気づいてもらえるでしょう。
ダイエットを始めるなら生理前?生理後?最も痩せやすいのは?
ダイエットを始めるには生理前と生理後、どちらが適しているのでしょうか?
食べて痩せる!常識を覆す『ちょこちょこ食べダイエット』
食べながらダイエット?と驚いたあなた、空腹を感じないでダイエットできる『ちょこちょこ食べダイエット』を紹介します。
※警告!ノンカロリーやカロリーオフ食品はダイエットに危険!?
実は怖ろしい人工甘味料が、たくさんの食品に使われ「ノンカロリー」「カロリーオフ」食品として販売されている事実を知らなければなりません。
ドライフルーツダイエットの嬉しい3つの効果&方法!
ドライフルーツダイエットにチャレンジしたいけれど、方法がわからない!どんな効果が得られるの?そんな疑問にズバリお答えします!
ギャル曽根さんはなんで食べても太らないの?
ギャル曽根さんがいくら食べても太らないならそこにはきっと明確な理由があるはずです。そこで医学的見地から考える食べても太らない理由を説明しましょう。
低インシュリンダイエットのやり方と効果&食品
低インシュリンダイエットのやり方とその効果、おススメの食品を紹介していきましょう。

このページの先頭へ戻る