ギャル曽根さんはなんで食べても太らないの?

 

太りたくないから食事や運動に気を付けて毎日を過ごしているという方は少なくないでしょう。
しかし、中にはそんなことお構いなしで体型をキープしている何とも羨ましい人もいるようです。
おそらく皆さんの周りにも一人や二人そんな人がいるのでは?

 

病気であるとかカロリー消費の多いアスリートであればそんなこともあるでしょうが
食べるのに太らないなんて普通に考えればありえないことですよね。
しかし、それが目の前に存在しているのですから信じるほかありません。
そこで今回はなんで食べても太らないのか、その理由を解明していきましょう。

 

太らないのには理由がある

いくら食べても太らないならそこにはきっと明確な理由があるはずです。
そこで医学的見地から考える食べても太らない理由を説明しましょう。

 

血糖値が上がりにくい

血糖値と言えば糖尿病を思い浮かべる方が大半でしょうが、実は肥満と血糖値は密接な関係にあります。
人間は食事をとると血糖値が上がります。
これは摂取された炭水化物が糖に分解され血液中に入り込むからです。
これが何で肥満に関係あるの?と思う方もいるでしょうが、ここからがなるほどと感心するところです。

 

血糖値が上がればそれを下げようと膵臓からインシュリンが分泌されるのですが、問題はこのインシュリンの働きです。
インシュリンには糖をエネルギーとして体の各器官に供給する働きとともに、残った糖を脂肪として蓄える働きがあります。
よって血糖値が上がりやすい方ほど大量のインシュリンが分泌され、蓄えられる脂肪も多くなり肥満につながります。

 

余談ではありますがあの大食いで有名なギャル曽根さんは食べても全く血糖値が上がらないそうです。
となれば血糖値と肥満の関係性は信じるしかありませんね。

 

褐色脂肪細胞の活動が活発

ダイエットでも注目の褐色脂肪細胞ですが、これは体内に蓄えらえた脂肪を燃焼する働きがあります。
本来、褐色脂肪細胞は体温調節を目的とした細胞で、人が寒さを感じたらエネルギーとして蓄えられている脂肪を白色脂肪細胞から受け取り、これを燃焼して熱を体外に放出して体温を上げます。

 

よって褐色脂肪細胞の活動が活発な方ほど基礎代謝が上がり、何もしていない時でも脂肪燃焼が行われるという驚きのダイエット効果が生まれるのです。

 

これもギャル曽根さんの話ですが、彼女の場合、睡眠中にも褐色脂肪細胞が活発に活動していて脂肪が蓄えられにくい体質だそうです。
褐色脂肪細胞のダイエット効果には頭が下がりますね。

 

病気が理由の場合もあるので注意が必要

今回紹介した太らない理由は体質からくるものですから健康面の心配はありません。
しかし、急に太らなくなったならば下記のような病気が理由である可能性も考えられます。

  • 甲状腺機能亢進症
  • 胃下垂
  • 寄生虫が体内に寄生している

 

ダイエットを気にする方にとっては嬉しい話ですが、
まずは体調等の様子を見ながらおかしいと思ったら直ぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

関連ページ

太る原因は低体温にあった!【原因と改善策】
体温が1度下がると12パーセントも基礎代謝が低下するという事実をご存知ですか?低体温と太りやすさに深い関係があることに気づいてもらえるでしょう。
腸もみダイエットでくびれを作ろう!やりかたはとても簡単です!
腸もみダイエットを実践してみましょう。やりかたはとても簡単です。1回の腸もみで効果を実感される方も多いです。そしてくびれにも効果ばつぐんです!
ダイエットを始めるなら生理前?生理後?最も痩せやすいのは?
ダイエットを始めるには生理前と生理後、どちらが適しているのでしょうか?
食べて痩せる!常識を覆す『ちょこちょこ食べダイエット』
食べながらダイエット?と驚いたあなた、空腹を感じないでダイエットできる『ちょこちょこ食べダイエット』を紹介します。
※警告!ノンカロリーやカロリーオフ食品はダイエットに危険!?
実は怖ろしい人工甘味料が、たくさんの食品に使われ「ノンカロリー」「カロリーオフ」食品として販売されている事実を知らなければなりません。
ドライフルーツダイエットの嬉しい3つの効果&方法!
ドライフルーツダイエットにチャレンジしたいけれど、方法がわからない!どんな効果が得られるの?そんな疑問にズバリお答えします!
低インシュリンダイエットのやり方と効果&食品
低インシュリンダイエットのやり方とその効果、おススメの食品を紹介していきましょう。

このページの先頭へ戻る