ノンカロリーやカロリーオフ食品はダイエットに危険?

 

「ノンカロリー」「カロリーオフ」表示のからくり

ダイエットで一番気にするのはカロリー?それとも糖質?
糖質制限ダイエットやノンカロリー飲料に食品と、いまダイエッターに向けあらゆる食品が提供されています。

 

カロリーゼロと聞くと、飲んでも食べてもエネルギーがゼロだから太らないと安心して口にしてしまいます。
ダイエット中じゃなくてもカロリーゼロなら余分にカロリーを取るわけじゃないからと、やはり手に取ってしまいますよね。

 

でも、ちょっと考えて見てください。
カロリーゼロ、糖質ゼロ、これって本当にゼロ食品だと思いますか。

 

実は、0カロリーと表示されていてもエネルギー量は全くゼロではないんです。

 

カロリーゼロ

これは、エネルギー量に関する表示ルールを上手に使ったからくりなんです。
例えば「カロリーゼロ」の場合、100ml当たり5Kcal未満なら表示できます。
これには「ノンカロリー」も当てはまります。

 

カロリーオフ

次いで「カロリーオフ」。こちらは100ml当たり20Kcal未満なら表示できます。
「低カロリー」「カロリー控えめ」「ダイエット〜」と表示されているものが該当します。

 

また同じ理由で内容量が決められた基準を下回っていれば
500mlで24.9Kcalなら0カロリーと表示可能となります。

 

人工甘味料の危険性

ノンカロリーでも甘みがあり、小腹を満たしてくれるものだったら
ダイエット中じゃなくても、カロリーゼロ、糖質ゼロにつられて買ってしまいそうです。
しかし、その甘味の甘味料が人工甘味料と呼ばれる、食品添加物なんです。

 

特に危険が心配されている甘味料の一つにアステルパームがあります。
同じく、スクラロースとステビアの危険性についても説明したいと思います。

 

アステルパーム

糖尿病患者の遅漏食品に使用されている人工甘味料です。

 

京都府立大北條康司助教授(食環境安全性学)が水だけを与えたマウスとアスパルテームを毎日1回投与したマウスとの比較実験を行った結果、元気な精子が減っていたと言う報告をしています。

 

他にもポリープの発生、胎児の脳の発達に影響を与える。骨格異常、内臓異常(各器官の肥大化)等の報告があがっています。
最近では米ハーバード大学関連病院の研究チームによる「ダイエットソーダが”血液がん”リスクを増大させる可能性がある」ことを公表しています。

『食品添加物危険度事典』 渡辺雄二 著 によると、アスパルテームをビーグル犬に対し1Kg当たり3g以上を経口投与した結果、半数が死亡。
ヒトに対する推定致死量は200〜300g。という怖ろしいことが書かれています。

アステルパームに関しては、危険と報告されるレポートは簡単に見つかりますが、
安全を謳ったレポートを見つけるのはなかなか難しく、著者は発見できませんでした。

 

スクラロース

子供の大好きなお菓子、ガム、清涼飲料水、アイスクリームに使われる人工甘味料です。
その甘さは砂糖の600倍。でも、体内で消化吸収されないのでカロリーはゼロ。

 

ここまでだと、ダイエットに最適と考えてしまいますが騙されてはいけません。
子供や妊婦さんは特に注意し、絶対口にしないようにする必要があります。
なぜなら、ススクラロースは人工的に作られた甘味料で、自然界には存在しないもの、
分類で分けると「有機塩素化合物」という何気に怖ろしい物質だからです。

 

化学式でC12H19Cl3O8、人体に有害なCL(塩素)、さらにC(炭素)が結合してますよね。
詳しくは専門的になるので割愛しますが、この2つが結合すると有害物質として知られているダイオキシン、PCB、DDT(危険な農薬で使用を禁止している国が多数あります)と同じ化合物になるのです。
しかも高温(138°以上)で熱すると塩素ガスが発生します。
言うまでもなく毒ガスです。
そう、焼き菓子や油であげる食品にコレが含まれていたら、怖ろしくなってきませんか。

 

特に危険なのは、スクラロースの副作用です。
一番警告されているが妊婦の摂取です。下痢による流産が懸念されるからです。
関係性ははっきりとはっまだ証明されていませんが、全く無関係とも言えません。
お腹の赤ちゃんとお母さん、そして子どもたちの健康を考えると、
疑わしいものは口にしないように心がけるのが一番安全と考えるのが得策です。

 

ステビア

よく耳にする言葉ではないでしょうか。南米原産のキク科ステビア属の多年草です。
甘いハーブと言えば分かりやすいかもしれません。
ダイエット食品や飲料に砂糖の代わりによく使われています。

 

甘さは砂糖の200倍、なのにカロリーは1/100。
そこでカロリーゼロ食品では大活躍です。
ポカリスエットのダイエット版に使われて有名になりました。
なにせ由来がハーブ、天然のものですから安心ですよね。
コカ・コーラでも新ブランドで使用されています。

 

ハーブ由来の甘味料でしかも天然のもの。他の人工甘味料とは違います。
何だか安全で、口にしても大丈夫な気がしてきます。

 

ただし、実はこのステビア、古代ペルーでは避妊薬ハーブとして使われていたそうです。
そういう噂から使用を決めた企業、各国の機関が研究しました。
現在では研究も進みそのような副作用や危険性、発がん性は無いと言われています。

 

日本でも旧厚生省の調査報告でステビアに対する安全性が報告されていますので、問題は無いと考えられます。
逆に糖尿病の進行の抑制、尿酸値の値を下げるなど、メリットの方が注目されています。
でも、古代ペルーでは避妊薬として伝わっていました。
これから妊娠を考えているご夫婦には気になるところなので、こちらで紹介させて頂きました。

 

最後に

「ノンカロリーやカロリーオフ食品はダイエットに危険?」 タイトル通り、実は怖ろしい人工甘味料が、たくさんの食品に使われ「ノンカロリー」「糖質ゼロ」食品として販売されている事がお分かりいただけたのではないでしょうか。
これからダイエットを始められる方、ダイエット中の方、そうでない方も、人口と名が付くものには特に気をつけたいものです。

 

口に入れる食品ですから、内容表示をしっかり確認して食べ物を選ぶようにしましょう。

関連ページ

太る原因は低体温にあった!【原因と改善策】
体温が1度下がると12パーセントも基礎代謝が低下するという事実をご存知ですか?低体温と太りやすさに深い関係があることに気づいてもらえるでしょう。
腸もみダイエットでくびれを作ろう!やりかたはとても簡単です!
腸もみダイエットを実践してみましょう。やりかたはとても簡単です。1回の腸もみで効果を実感される方も多いです。そしてくびれにも効果ばつぐんです!
ダイエットを始めるなら生理前?生理後?最も痩せやすいのは?
ダイエットを始めるには生理前と生理後、どちらが適しているのでしょうか?
食べて痩せる!常識を覆す『ちょこちょこ食べダイエット』
食べながらダイエット?と驚いたあなた、空腹を感じないでダイエットできる『ちょこちょこ食べダイエット』を紹介します。
ドライフルーツダイエットの嬉しい3つの効果&方法!
ドライフルーツダイエットにチャレンジしたいけれど、方法がわからない!どんな効果が得られるの?そんな疑問にズバリお答えします!
ギャル曽根さんはなんで食べても太らないの?
ギャル曽根さんがいくら食べても太らないならそこにはきっと明確な理由があるはずです。そこで医学的見地から考える食べても太らない理由を説明しましょう。
低インシュリンダイエットのやり方と効果&食品
低インシュリンダイエットのやり方とその効果、おススメの食品を紹介していきましょう。

このページの先頭へ戻る